ACROSS THE UNIVERSE

《MA Recordings》MAJ504 ¥3,024

 

心から音を紡ぎだす詩的ピアニスト、門光子3rdアルバムリリース!

ビートルズ、「アクロス・ザ・ユニバース」ピアノ編曲版収録!

 

ピアニストの門光子は既にMA Recordingsから2つの素晴らしいアルバムをリリース。

現代日本の美しいピアノ音楽を集めた「風の記憶」(MA J500)、アジアの美を求めた「東方逍遥」(MA J501)。

この2作品は門光子による独創的な日本・アジアの美観を打ち出し絶賛されました。

3作目にあたる【ACROSS THE UNIVERSE】は、人間の根源的な悲しさ祈り束の間の歓び-「嘆き、祈り、そして踊る…。」をテーマに世界中の美しい旋律が集められ、時代、国、民族の垣根を越えた多種多様な作品が揃ったアルバム。

<ジムノペディ第1番>は誰もが耳にするサティの有名曲。

彼女の淡々とじっくりと心を侵食していくような演奏は聴くものを不思議な感覚に導いていきます。

また、世界初録音の作品も3曲含まれており、その中でも注目はアルバム・タイトルにもなっている<アクロス・ザ・ユニバース>。

この作品はビートルズのラスト・アルバム「レット・イット・ビー」に収録されている代表的な曲。

ギター編曲も手がけるサンドクヴィーストによるピアノ編曲で息を呑むほど美しい作品となり、門光子の音楽の本質を見据え儚さを漂わせたアプローチはこのアルバムのテーマを確実に見出しています。

 

【ACROSS THE UNIVERSE】

1.サティ:「メドゥーサの罠~ピアノのための7つの小品」よりポルカ(00’36″)

2.サティ:ジムノペディ第1番(04’12″)

3.ジョン・ケージある風景の中で(09’32″)

4.フィデリコ・モンポウ:歌と踊り第6番(03’44”)

5.アルヴォ・ペルト:アリーナのために(06’18”)

6.グラナドス:組曲「ゴイェスカス」第1部より第4曲「嘆き、または美女と夜うぐいす」(07’05”)

7.グラナドス:スペイン民謡による6つの小品~第6曲「サパテアード」(4’16”)

8.藤枝守:モサラベ聖歌(委嘱新作/世界初レコーディング)(05’55”)

9・アンドリュー・ヨ?ク:祈りと踊り(委嘱新作/世界初レコーディング)(06’57”)

10.Jジョン・レノン& ポール・マッカートニー/ベリィ・サンドクヴィースト:アクロス・ザ・ユニバース(委嘱新作/ピアノ版世界初レコーディング)(14’07”)

 

 

門光子(P)

 

録音:2006年8月16~18日高崎市榛名総合文化会館エコール

使用ピアノ:ファツィオーリ・フルコンサート・グランドF278

ページトップへ戻る