大木和音チェンバロリサイタル vol.18 Dilight 新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりました。

 

18回目を迎える今年も、魅力的な曲を集めました。ヴェルサイユで活躍していたJ-B.リュリが作曲/J-H.ダングルベールがチェンバロのために編曲したという、歌劇「アルミード」のパッサカリアで華やかに幕開けです。続いてL.クープランとJ-Ph.ラモーによる端正かつドラマティックな作品が続きます。休憩後の第2部は、J.S.バッハの末息子クリスティアン・バッハのソナタで爽やかに始まり、J.S.バッハの有名な「イギリス組曲 第2番」にて終幕です。フランスの甘美な世界に包まれて幸せな第1部、二人のバッハが時を超えて共演という嬉しい第2部。色々な喜びに満ち溢れたコンサート『Delight』にぜひいらしてください!        

ページトップへ戻る